マッチングアプリでマッチングしない→いいねを集めよう

マッチングしないならいいねを集めよう

マッチングアプリでマッチングしない場合は、いいねを集めるべきです。当記事では、いいね数とマッチング率の関係について紹介しています。いいねを集める方法も記載しているので、マッチングアプリを楽しむ際の参考にして下さい。

いいねが多いとマッチング率が上がる

カルフォルニア大学は、アメリカで主要なマッチングアプリの行動データを分析しました。

自分の人気とメッセージ返信率の関係

人気度の高い人は、初メッセージの返事を受け取る確率が高かったという事が分かりました。論文の中で研究対象となったマッチングアプリは、いいねやマッチングに関わらず、誰にでもメッセージを送れるシステムです。

つまり、論文で紹介されている「返信率」は日本のマッチングアプリで言うところの「いいね返し率」と同様と考えて良いでしょう。

いいね数は人気度の指標になる

受け取ったいいね数が多ければ、それだけ異性から人気ということになります。つまり、いいねをたくさん集めると、マッチング率が上がるということです。

プロフィールを充実させるのは前提

当然ですが、「いいね数」だけ多くてもマッチングには繋がりません。プロフィール写真や自己紹介文を印象の良いものにするのは前提です。

それに加えて、「いいね数」も意識した方がマッチング率が上がるという事を紹介しました。

どうやっていいねを集めるか

そもそも「いいね」がカウントされる条件は以下の2つです。

  1. 異性から「いいね」をもらう
  2. 「いいね」した異性が「いいね」を返してくれる

①よりも②の方が確立が高いので、より多くの異性に「いいね」を送るのが、効率的な「いいね」の集め方です。しかし相手から「いいね返し」がなければ意味がないので、量と確率のどちらも上げる必要があります。

いいねする量を増やす

課金でいいねポイントを購入

「いいねポイント」は購入可能なので、課金する事で「いいね」できる回数を増やせます。

ログインボーナスでいいねポイントを獲得

ほとんどのマッチングアプリは、ログインボーナスとして、「いいねポイント」が貰えます。ブラウザ版ではログインボーナスがを貰えないマッチングアプリもあるので、アプリ版でログインしましょう。

ちなみに有料会員ではなく、無料会員でもログインボーナスは貰えるので、「いいねポイント」を貯めてから有料会員に移行すると効率的です。

無料いいねを積極的に利用

マッチングアプリは1日に数回、「いいねポイント」を消費せずに「いいね」できます。アプリ版とブラウザ版で異なる相手が表示されるので、両方でログインすると、無料で「いいね」出来る回数が増加します。

いいね返しの確率を上げる

いいねする相手を選ぶ

相手のいいね数=ライバル数なので、「いいね」の少ない相手を選んだ方が「いいね返し」の確率が上がります。

足あとをつけてくれた人

足あとをつけてくれた人(訪問者)は、プロフ写真や簡易プロフを見て、興味を持ってくれた人です。プロフ検索で見つけた何の関わりのない人よりも、少しでも興味を持ってくれた人の方が「いいね返し」の確率が高いでしょう。

足あとをつけまくる

誰しも自分がどう思われているのか気になるもので、自分についた足あとを気にする人は多いです。その中で気になる人がいたら、プロフィールを見ますよね。

上手くいけば、相手から「いいね」を受け取れるでしょう。相手から「いいね」が来なくても、プロフィールを見てくれた人は、少しでも興味を持ってくれた人なので、「いいね返し」してくれる可能性が高くなります

プロフィールを盛る

プロフィールを盛ると言っても嘘をつくことはマッチングアプリの方で禁止されています。なので、年収300万なのに、年収1,000万のように盛る事は推奨しません。

おすすめは、写りの良い写真をプロフ画像に設定する事です。ただ、別の記事で紹介していますが、写真を盛ると恋愛関係に発展しにくいです。

「いいね」を集める段階は盛った写真を設定→ある程度「いいね」が集まったら盛っていない写真を設定する戦略がおすすめです。

→プロフ写真を盛るメリットデメリット