承認率1.3倍!? マッチングアプリのデートの誘い方

初デートの誘い方とタイミング

ペアーズやwithのようなマッチングアプリについて。初デートの承認率を1.3倍にする誘い方を紹介しています。断られるリスクを軽減する方法も記載しているので、マッチングアプリで異性をデートに誘う際の参考にして下さい。

相手が疲れている時に誘おう

モンマス大学の研究で、疲れてる時は相手の要求を受け入れやすいということが分かりました。

  • 相手が仕事の山場を越えた時
  • 金曜日の仕事終わり
  • 「○○で疲れた。」と教えてくれたとき

上記のようなタイミングでデートに誘うと承認率が1.3倍高くなります。

▼モンマス大学の実験内容と結果

作文を書いてもらう

99名の男女を2つのグループに分けて作文を書いてもらいました。

  1. 文字の制限なし
  2. 「A」と「N」の使用を禁止

②は日本語で言うと、「あ」を禁止されているとしたら、「ありがとう」は使えないので「感謝します」等に置き換えながら作業しました。

つまり、頭をフル回転させながら書いたグループと普通に書いたグループという事です。

デートの誘いに応じますか?

作文を書き終えたら、異性の写真を見せて「この人にデートに誘われたらOKしますか?」と聞きました。

疲れてるグループは承認率が高い

②の文字の使用の制限をかけられたグループは①の普通に書いたグループと比べて、デートに応じる確率が30%高かったそうです。

受け入れた方が楽

デートに行く/行かないを決断するのは労力が必要です。

普通に作文を書いた人は、「この人はどんな人だろう?」「話が合わなかったらどうしよう…」のように、色々と考える余地があります。

逆に、使用する単語に制限をかけられて疲れている人にとっては、受け入れてしまった方が楽だそうです。

相手が疲れるタイミングを見つけよう

マッチングアプリで知り合った相手との日々のやりとりの中で、相手が疲れるタイミングや頭を使う時を把握しましょう。

そのタイミングでデートに誘うと、承認率が通常の1.3倍高くなるという事です。

交渉のテクニックも取り入れよう

さらにデートの誘いの承認率を上げるために、交渉のテクニックも取り入れましょう。

一貫性の原理を利用

人は一度取った行動や態度を貫き通したい生き物です。集めだしたマンガは飽きてもつい新刊を買ってしまう。一度発言した意見に違和感を感じつつも、貫き通してしまう。これらは一貫性の原理によるものです。

そんな一貫性の原理を使った、フットインザドアというテクニックに関する研究を紹介します。

フットインザドアの研究

フットインザドアとは

そもそもフットインザドアとは、小さい要求を承認してもらった後は、難しいお願いの承認率も高くなるというものです。

ナンパをしました

ブルターニュ南大学は、ショッピングモールで買い物中の女性をナンパしました。ナンパの方法は以下の通りです。

  1. 普通にナンパ
  2. 道を聞いてからナンパ(フットインザドア)

それぞれの方法で120名ずつナンパをして、どれだけ誘いに乗ったのかを調査しました。

23名が誘いに乗った

240名中、23名が誘いに乗りました。2つのナンパ方法による内訳は以下の通りです。

方法 人数
普通にナンパ 4名
道を聞いてからナンパ 19名

フットインザドアを使ったナンパは、普通にナンパする場合に比べて、4倍以上誘いに乗るという結果になりました。

小さいお願いは何をすべきか

初期段階で軽く誘っておこう

メッセージの初期段階で、軽くデートの誘いをしておきましょう

  • 仲良くなったらランチに行きましょう
  • 僕も美術館が好きなので時間が合ったら行きましょう

曖昧に誘うのがポイントです。人間は先の認識が甘いので、上記のような曖昧な誘いを断るひとは少ないです。

例えばそこまで仲良くない人に、

  1. 明日飲みに行こう
  2. 来月飲みに行こう

上記2つのパターンで誘われたとします。①の場合は「予定があって、、」と断る事が多いでしょう。逆に②の場合は「行きましょう!」と答えると思います。

ましてやマッチングしているという事は、これから仲良くなって行こうという段階なので、曖昧の誘いを断る人はほぼいません。それからメッセージを重ねて、仲良くなってから正式に誘う流れです。

とは言え、マッチング直後と仲良くなってからでは、要求のスパンが長いのでフットインザドアの効果が働きにくいです。もっと短いスパンでお願いをする方が理想です。

通話中にデートの誘いをしよう

「通話に誘う→通話中デートに誘う」という流れは個人的におすすめです。要求のスパンも短いので、フットインザドアの効果が働きやすいです。

さらに、前半部分で紹介したテクニックとかなり相性が良いです。おさらいすると、「疲れている時に誘うと承認率が1.3倍になる」というものでした。

  1. 相手が疲れている
  2. 通話に誘う
  3. 通話中、デートに誘う

上記の手順を踏む事で、デートの誘いを断られるリスクを軽減できると共に、承認率も1.3倍以上になる事が見込めます。

マッチングアプリで異性をデートに誘う際は、使ってみて下さい。