マッチングアプリのプロフ写真を盛るメリットデメリット

プロフ写真盛るメリットデメリット

ペアーズやwithのようなマッチングアプリについて。プロフ写真を盛るメリットデメリットを紹介しています。マッチングアプリを利用する目的によって、盛るべきか盛らないべきかを記載しているので、参考にして下さい。

プロフ写真を盛るメリット・デメリット

写真を メリット デメリット
盛る いいね獲得/初デートの確率up 会った時に魅力度が低下
盛らない 2回目のデートへ行きやすい 初デートへ行きにくい

プロフ写真を盛るか盛らないかで、それぞれメリットとデメリットがあります。ではそれぞれを解説していきます。

異性と接点を増やしたいなら写真を盛ろう

コネチカット大学は、男女それぞれの盛られた写真と盛られていない写真を用意し、305名の男女に魅力度と信頼性を評価させました。

評価対象の男性の写真

盛っている 盛っていない
カジュアルな服装 上裸
髪をセットしている 寝ぐせのまま撮影
照明を当てている 照明を意識していない
親しみやすい笑顔 不敵な笑み(ニヤニヤ)

評価対象の女性の写真

盛っている 盛っていない
化粧をしている 化粧をしていない
髪を下ろしている 髪をまとめている
照明を当てている 照明を意識していない

盛られた写真の方が魅力度が高い

盛られた写真の方が男女共に魅力度が高く、会ってみたいと思われることが多かったです。これはわざわざ研究しなくても当然の事と言えます。

信頼性には性差があった

  • 女性:盛られた男性の方が信頼できる
  • 男性:盛られていない女性の方が信頼できる

女性は盛られている男性の方が信頼できるそうです。盛る盛らないというよりは、だらしのない男性よりも身だしなみを整えている男性の方が信頼できるということでしょう。

逆に男性は盛られていない女性の方が信頼できます。「プロフ詐欺かな?」と疑うと内面の信頼性も低くなる傾向にあるということです。あるいは美人すぎる女性は、サクラやビジネスと疑っているのかもしれません。

魅力度と信頼性はどちらが重要か?

男性は結局のところ、信頼性の高い盛られていない女性よりも、魅力度の高い盛られている女性と会いたいと思うそうです。なので、多くの異性と接点を増やす場合は男女共に写真を盛る方が効率的だということになります。

恋愛関係に発展しやすいのは盛らない写真

マッチングアプリで出会った相手と恋愛関係に発展したい場合は、プロフ写真は盛らない方が良いと思います。ウエストバージニア大学は、マッチングアプリの初デートを成功させるためにはどんな事が重要なのかを研究しました。

プロフ写真を盛ると2回目のデートに繋がらない

プロフ写真を盛ることで、異性と接触する機会を増やせます。しかし実際に会ってみると相手の期待を下回るので、2回目以降のデートには繋がりにくいです。

つまりマッチングアプリで恋人探しをする場合は、プロフ写真は盛るべきではないということになります。

盛らない方が効率が良い

どのみち恋愛関係に発展しない相手と、メッセージのやりとりをしたりデートに行くのは時間とお金の無駄です。

盛らない写真を設定すると、メッセージのやりとりやデートに行く回数が減るとは思いますが、質の高い出会いを見つけやすくなります。なのでマッチングアプリで理想の恋人と出会いたい場合は、プロフ写真は盛らずに設定しましょう。

まとめると

プロフ写真を盛ると

  • マッチング率が上がる
  • 初デートに行く確率が上がる
  • 関係発展が難しくなる

プロフ写真を盛らないと

  • マッチングしにくい
  • 初デートに行くのが難しい
  • 2回目以降のデートに繋がりやすい

プロフ写真は清潔感を意識

今回紹介した論文の「盛らない写真」は、男性は寝ぐせ,上裸、女性はスッピンと極端だと思いました。なので初デートに行くような身なりで写真を撮ると、「盛っている」とは思われないでしょう。

男性はだらしない格好だと女性からの信頼性が低くなる傾向にあるので、プロフ写真は髪を整えたり印象の良い服を着たりと清潔感を意識するべきです。女性も普段から化粧をする人なら、化粧をしてプロフ写真を撮っても初デートの時に魅力度は下がらないと思います。

加工した写真やプリクラをプロフィールに設定している人は「盛っている」と判断されるので目的に合わせてプロフィール写真を設定しましょう。