恋活アプリの90%の出会いは2回目のデートに繋がらない

2回目のデートに繋がらない

ペアーズやwithのような恋活アプリは、効率良く異性と出会えるツールとして有名です。しかし90%の男女は恋活アプリで出会った人と、2回目以降のデートに発展しないそうです。当記事では10%の2回目のデートに繋がった人の共通点を紹介しています。恋活アプリを楽しむ際の参考にして下さい。

実際に会ってみると思った人と違った

ウエストバージニア大学の研究によると、恋活アプリで知り合った男女の90%は、実際に会った時に相手の魅力度が40%低下するそうです。

実際に会ってみると「別人じゃん。」とか「思った人と違った。」という経験のある人も多いのではないでしょうか。会った時点でそれだけ魅力度が下がっていては、2回目のデートに繋がらないのも納得できます。

▼ウエストバージニア大学の研究方法

男女186人を集めて以下の2つについて調査しました。

  • 初めて会う前の相手の魅力度
  • 会った後の相手の魅力度

この調査で、90%の人は会う前の方が、相手魅力度が高かったということが分かりました。

次に、恋活アプリ内のメッセージを分析し、魅力度が下がらなかったやり取りの特徴を見つけ出したのです。

なぜ初デートで魅力度が低下するのか?

ほとんどの人は写真を盛る

恋活アプリにはプロフィール画像というものがあり、写真を重視して相手を選ぶ人も多いと思います。

コーネル大学の研究によるとほとんどの人はプロフィール画像の写真を盛っていたそうです。初デートの時に相手の魅力度が低下するのも当然と言えますね。

→プロフ写真を盛るメリット・デメリット
→写真でイケメン・美女を見抜く方法

良い面だけを見せてしまう

恋活アプリでマッチングしたら、メッセージのやりとりをすると思います。オンラインのコミュニケーションは自分の良い部分ばかりを見せる傾向にあると様々な研究で分かっています。

無意識的に良い部分だけを見せる場合もあれば、意図的に嘘をついて自分を大きく見せる場合もあります。

受け取る側は相手の話していることしか情報がないので、相手の良い部分ばかりを見ることになります。また、非言語の情報がないので相手の嘘も見抜きにくいです。

お互いに良い面ばかりを見せ合うので、初デートの時に相手の魅力度が低下するということです。

相手を理想化してしまう

人はオンラインで知り合った相手を自分の理想の異性に近づけます。対面と比べてオンラインのやりとりは情報が少ないので、足りない部分を理想化するのです。

初デートに行くということは期待が高まっている状態でしょう。しかし相手を理想化しているので、実際に会ってみると魅力度が下がります。結果、期待を下回ることになるので、2回目のデートに行く確率が低下するということです。

2回目のデートに繋がる人の共通点

10%の男女は初デートに行っても相手の魅力度が下がらず、「また会いたい!」と思っていたそうです。彼らの共通点はどのようなものなのでしょうか?

  • たくさん話をしていた
  • お互いの事をよく知っていた

たくさん話をし、相手の事をよく知っておくことでお互いの理想化を最小限にできます。

初デートの前に性格や価値観のような中身の部分で惹かれ合っていると、実際に会った時の魅力度が低下しにくいということです。

恋活アプリで2回目のデートに繋がらない場合は、初デート前に相手とたくさん話をし、お互いの事を良く知っておきましょう。

じっくりやりとりすれば良いのか?

上記の研究結果から、仲良くなるまでは会うことを避け、友達のような関係になってから会うことがベストだと思われます。

しかし長期間やりとりをして、少しづつ心の距離を詰めてもうまくいかないようです。

できるだけ早く会おう

ウィスコンシン大学は恋活アプリで恋愛関係に発展している男女について研究しました。

論文ではマッチング利用の際に意識することがいくつか紹介されていて、その中の一つが「長期間のやりとりは避ける」でした。つまりマッチングしたらできるだけ早く会うことを推奨しているのです。

なぜ長期間のやりとりはうまくいかないのか

恋活アプリで同じ相手とやりとりしていると、だれてくることはありませんか?マッチングした相手はプロフィールを見て興味を持ったとは言え、何の思い入れもない異性です。

職場のように嫌でも付き合わなければいけないわけでもないので、何も進展がなければやりとりに飽きてしまい、始まる前に自然消滅します。

恋活アプリでは、相手が他の異性に目がいかないように、より早く関係を進展させなければならないということです。

恋活アプリはスピード勝負

  • お互いを良く知ってから会う
  • 長期間のやりとりは避ける

上記2つを満たすには、マッチングしてから素早く相手との親密度を高める必要があります。

仲良くなる前に会えば恋愛関係に発展させるのは難しく、だらだらとやりとりしていてはそもそも会えません。うまくいかない人はどちらかが欠けているのです。ではどうすれば素早く親密度を上げられるのでしょうか。

信頼なくして親密はない

みなさんは周りの人のことを信頼していますか?信頼している人ほど親密度が高く、仲が良いはずです。実際、さまざまな研究で信頼と親密は強く結びついていることが発表されています。

つまり恋活アプリも同じで、マッチングしたらまずは信頼関係を構築するのが最優先です。しかし顔が見えない状態で信頼関係を構築するのは慣れていないとうまくいきません。それもスピーディにとなると難易度はさらに上がります。

深い話をして信頼関係を構築

人は自分の深い話をすると、話をした相手を信頼する傾向にあります。なので、恋活アプリではいかに早く相手に深い話をしてもらうかが重要です。

どんな話が深い話なのか、またどのように相手の深い話を引き出せば良いのか。詳しくは下の記事にて紹介しているので、参考にして下さい。

→仲良くなる話題と会話のテクニック