【マッチングアプリ】写真でイケメン・美女を見抜く方法

写真でイケメン美女を見抜く方法

マッチングアプリで知り合った異性と実際に会ってみると、思ってたルックスと違ったということはよくあると思います。当記事では理想のルックスを持った異性と出会えるよう、プロフ写真でイケメン・美女を見抜く方法を紹介しています。

プロフ写真の科学的分析

コーネル大学はマッチングアプリのプロフ写真について研究しました。

マッチングアプリに登録している69名の男女に直接会い、写真を撮りました。その後、女性31名と男性18名に、マッチングアプリに掲載しているプロフ写真直接撮った写真の魅力度をそれぞれ10段階で評価させました。

マッチングアプリの写真は盛られていた

プロフ写真と直接撮った写真では、プロフ写真の方が魅力度が高かったそうです。つまりマッチングアプリの写真はほぼ盛られているということが証明されました。

盛りが顕著な人はどんな人か?

女性の方が盛っていた

女性の方がプロフ写真と直接撮った写真との評価の差が大きかったです。男性のみなさんは女性のプロフ写真には気をつけた方が良さそうです。もちろん男性も盛っていますよ。

ルックスに自信のない人ほど盛る

直接撮った写真の評価が低い人ほど、プロフ写真の評価との差が大きかったです。明らかに盛ってると分かるプロフ写真を設定している人ほど、実際に会った時のギャップが大きい可能性が高いことが分かります。

イケメン・美女のプロフ写真の特徴

イケメンと美女

イケメン美女は写真を多く掲載する

同研究では、直接撮った写真の評価が高い男女の特徴も調べられています。結果、直接撮った写真の評価が高い人は、マッチングアプリのプロフ写真に自分の写真を多く掲載していることが分かりました。

つまりペアーズやwithで言うところの、サブ写真にたくさん自分の写真を載せている人は、イケメン・美女の可能性が高いということになります。

ルックス自己評価は?

とは言え、自分のルックスを過大評価している人はたくさん写真を載せるのではないかと思われます。

そもそも人は、自分のルックスについてどのような評価をしているのでしょうか。成蹊大学の研究で、容姿の自己評価は、他己評価とおおむね一致するという結果が出ています。イケメン・美女は自分がイケメン・美女であることを自分で認識しているということになります。

つまり、プロフ写真やサブ写真に多くの写真を載せている男女はイケメン・美女であるという判断方法は信憑性が高いということです。

大事なのは自分の写真を載せていること

読書する美女

写真を多く掲載している人がイケメン・美女の可能性が高いということは分かりましたが、大事なのは自分の写真を多く載せていることなので注意しましょう。

自分以外の写真を載せている人は?

メイン写真は自分の写真で、サブ写真に自分の身の回りのことを設定している人はどのような人なのでしょうか。

サブ写真に多いのは、旅行先や料理、ペットの写真なんかが多いですね。サブ写真に掲載されている写真で相手の人柄が少しだけ分かるかもしれません。

自分の価値を上げる写真に注目

  • やたらと高級そうな料理
  • ブランド品を主張
  • やたら大勢と撮った写真

ツイッターやインスタのようなSNSでもよく投稿されていますが、自分の価値を上げる写真をサブ写真に設定してる人がいます。ようは「僕はこんなおいしいものを食べてるんだぜ。」とか「私はこのブランドが好きです。」みたいなやつですね。

心理学では拡張自我と言って、ブランド物を身に着けたりすると自信がつくという心理です。逆に考えると、上記のような写真をサブ写真に設定している人は自信のない人の可能性があります。

もちろん話題提供や本当に好きで載せていることも多いと思います。「あぁアピールだな。」と思い、少し不快になった場合はその直感は大抵当たっています。

まとめです

  • イケメン・美女は自分の写真を多く掲載する
  • やたらと写真を盛る人はイケメン・美女ではない
  • 自己アピールサブ写真にも注目しよう

ペアーズやwithのようなマッチングアプリで、異性にアプローチする際の参考にして下さい。