マッチングアプリで会う前に通話すべき理由と誘い方

実際に会う前に通話すべき理由

恋活アプリで知り合った相手とは、短期間でお互いの事をより知っていくほうが、関係が発展する可能性が高いです。

通話はメッセージやLINEと比較して短い時間でお互いの事を知れるので、短期間で関係を発展させるにはもってこいのツールです。

ウィスコンシン大学の研究でも、実際に会う前に通話することを推奨しています。声には人を安心させる効果があるので、短い通話でも親密感が高まるのです。

通話するために必要なこと

会話する人々

LINEに移行

恋活アプリ内では通話できないので、LINEのようなチャットアプリへの移行が必須です。LINEに移行するためには、相手の警戒心を取り除き、信頼関係を築く必要があります。

→LINE交換の適切なタイミングと誘い方

自分に興味があるのか?

当然ですが、通話するには相手に「この人と話すの楽しそう。」と思ってもらう必要があります。アプリ内メッセージやLINEで心の距離を縮めつつ、相手の脈を測りましょう。

→仲良くなる話題と会話のテクニック
→脈アリ行動や好意サインを段階ごとに紹介

通話を誘うタイミング

通話を誘うタイミング

実際に会う約束をした時

メッセージやLINEで実際に会う約束をした時に、「待ち合わせ場所とか決めたいから、通話しませんか?」と誘ってみましょう。

会う約束をしているので、信頼関係は出来ています。相手がよっぽど通話が苦手な人でない限り、受け入れてくれるでしょう。

深い話になった時

深い話になった時は、通話の誘いに乗ってくれる可能性が高いタイミングです。深い話をした人は話した相手を信用します。

コツとしては、相手に深い話をしてもらってから、「文章で話すの難しいし、通話しませんか?」と誘うことです。

数分程度で返事が来る時

恋活アプリで知り合った相手とは、基本的に1日数通程度しかやり取りしないと思います。しかしお互い時間に余裕のある時は、数分程度でやり取りをすることもあると思います。

短いスパンで返事が来るということは、あなたと接するのが楽しいと感じているので、通話の誘いに乗ってくれるのではないでしょうか。

通話に誘うテクニック

思考する男性

相手の予定を把握する

僕は仕事終わって家に着いたところです!○○さんも仕事終わりましたか?
女性
お疲れ様です!私も終わって家に着いたところです。

通話の誘いを1回でも断られると、次の通話を誘いにくくなりませんか?できれば初めての誘いで通話したいところです。

上記のようなやり取りで、現在の状況を把握できれば、「今は友達と遊んでるのでごめんなさい、、」となる確率が低くなります。コツは知りたい状況を先にこちらから伝えることです。返報性の原理で、相手も答えてくれるでしょう。

通話時間を伝えておく

良かったら7分くらい通話しませんか?

通話は大抵、夜にすることが多いと思います。しかし相手からすれば通話によって、どのくらい時間が拘束されるのか不安です。あらかじめ通話時間を伝えておいて、相手を安心させましょう。

ちなみに10分や15分のようにキリの良い数字よりも、7分のように中途半端な時間の方が信憑性が増します。7分はあくまで例なので、親密度や相手の反応によって変更して下さい。

早めに切り上げる

そろそろ7分ですね。楽しかったです!またお話しましょう!

心理現象でツァイガルニク効果というものがあります。中途半端なところで終わる方が記憶に残りやすいというもの。ドラマや漫画の続きが気になる心理状態ですね。

あらかじめ提示した、通話終了時間に切りましょう。言ったことを守る誠実な人だと思われると同時に、あなたの印象を相手に残せます。会話が1番盛り上がっているタイミングに終了時間を迎えると最高です!